アクリル絵具で油絵風のイラストを描くコツ


アクリル絵の具は安価で油絵風の絵が描ける

絵を描くときの画材には、水彩絵の具、油絵具、アクリル絵具、色鉛筆などさまざまあります。中でも油絵は重厚な雰囲気を出すことのできる画材です。油絵具は比較的効果で、また絵具を溶くときにも特殊な油が必要です。
油絵の面倒な部分を取り除いて、似たような画風で描くことができるのがアクリル絵具です。アクリル絵具は水の溶く量次第で、水彩画風にも油絵風にも描ける便利な絵具です。特殊な道具は必要なく、絵の具と水と筆さえあれば描くことができます。筆を洗うときも水で洗えば大丈夫です。

画面全体を塗ってから色を重ねていく

油絵風に描くときは、本格的に色を塗る前に、水で薄めた下地になる色を画面全体に塗ってから始めるのがコツです。下地の色を塗ることで、全体のイメージをつかみやすくなります。また、まったく絵の具の塗られていない白い部分がないので、無地が透けてしまうことがありません。
色は一色で塗ってもいいですし、モチーフごとに色を変えるのもアリです。一色で塗ると画面全体に統一感がでます。モチーフごとに色を変えるとカラフルな印象になります。
ざっくりを色を塗った後に、徐々に細かく色を重ねていきます。

色の濃い部分から塗っていく

絵と言えば、明るいところから塗り、後から陰をつけていくイメージがありますが、陰や濃い色の部分から塗っていくのが油絵風です。
まずは一番濃い部分を塗り、その後に明るい色を重ねていきます。また、手前のものではなく、奥のものから描いていくのもポイントです。その方が、自然と手前に厚みが出て立体的になります。
最後にホワイトでメリハリのあるハイライトを入れると、印象が引き締まります。

絵画力が上達するにはひたすら描くことも大切ですが誰かに客観的に自分の絵を見てもらうことも必要です。イラストの講座では自分では気づかないアドバイスが受けられるかもしれません。