債権譲渡登記って何?一時利用か継続利用かで管理を変えよう!!


債権譲渡登記の仕組みがあるかどうか

販売商品の支払いとして、受取手形を受け取るかもしれません。受取手形は銀行が発行する証券とされ、裏書をしたり割引をしたりできます。証券そのものでやり取りを行うので、同じ手形が何枚も存在するなどはありません。ではファクタリングではどうかです。こちらは売掛債権の譲渡をファクタリング会社に行い、それに対して現金を受け取ります。もし悪意のある利用者が複数のファクタリング会社に同じ債権を売却すると、ファクタリング会社は困る可能性があります。それを防ぐ方法として、債権譲渡登記と呼ばれる仕組みがあります。これにより、あるファクタリング会社に譲渡した債権を別の会社に譲渡するなどはできなくなります。債権譲渡登記の仕組みを取り入れているかを確認しておきましょう。

一時的な利用か継続的な利用か

資金繰りを改善するのに役立つサービスとしてファクタリングがあります。取引先から入金を受ける時、契約によってタイムラグが生じます。大手会社等だと入金が数か月先になるときもあり、資金繰りが厳しくなる可能性があります。ファクタリングは売掛債権を買い取ってくれ、即時入金をしてくれます。非常に便利な仕組みですが、どんなタイミングで利用するかを考えないといけません。一時的な利用なのか、将来的にも継続的に利用するかです。それぞれの会社は売掛金の入金のタイミングを測りながら資金繰りをします。ファクタリングを利用すれば即時入金されるものの、入金スケジュールでずれが生じます。継続的な利用なら、ファクタリングを考慮した管理をした方がいいでしょう。

予定日よりも早く売掛金を現金に換えたいと考えた場合に有効なサービスが、ファクタリングです。完全に買取をして貰う形となるため、貸し倒れ対策にも有効です。