弁護士に頼ろう!後悔をしない離婚をするために


対立しそうならば弁護士を頼もう

パートナーと離婚をする場合は、さまざまなことを話し合わなければいけません。お金や子どものことなど、大切なことをしっかりと話し合い、双方が納得できる結果にしましょう。もしも、少しでも対立しそうな雰囲気があるのなら、弁護士に頼むことをおすすめします。自身にとって不都合な条件をのまなくても済むようにいろいろと動いてくれるため、損をしない離婚を目指せるようになります。譲れない条件や譲ってもよい条件を話しておけば、うまく駆け引きを行って自身に有利な離婚を成立させてくれるでしょう。

なお、当たり前ですが、相手側も弁護士を雇って話し合いに挑んでくる可能性もあります。そうなってからこちら側も弁護士を頼むと、出遅れてしまうので早い時期に依頼したほうがよいのです。間違っても、自分一人でパートナーと弁護士の二人を相手にしようとしてはいけません。

離婚を得意とする事務所の無料相談を活用しよう

弁護士を雇う場合は、離婚トラブルに強いことをしっかりとアピールしている事務所にお願いしましょう。事務所のホームページの目立つところに、『離婚トラブルが得意』ということが載っていれば、任せてもよい確率が上がります。そして、無料相談が用意されている場合が多いため、次は実際に弁護士と話してみましょう。普通ならば、1時間あたりそれなりに料金がかかりますが、無料相談が用意されていれば初回はお金がかかりません。実績だけではなく人柄も確かめて、頼んでもよいと感じられたのならば、離婚に向けて自分と一緒に戦ってもらいましょう。

弁護士保険のmikataには様々な魅力があります。少額の料金で利用できる他、トラブルが発生した場合の補償も充実しているのです。