これから弁護士に相談をする場合に理解しておきたいことは


相談自体は無料でできることが多い

法律上の問題が発生した場合には、素人だけで法律問題を解決するのは難しいのが現状です。この場合は、泣き寝入りをしたくないなら弁護士に相談をした方がよいでしょう。弁護士に相談をする場合、どれぐらいのお金がかかるのか不安に感じる人もいるかもしれません。実際にどれぐらいのお金になるかは法律事務所によっても異なりますが、最近の傾向としてはどの法律事務所でも無料で相談を受け付けています。この無料相談は初回の30分だけ無料になることが多いですが、2回目の相談も無料にしてくれる法律事務所もあります。もし無料相談をした段階でこのまま法律事務所と契約して問題を解決したいと考えた場合には、契約を結んでみてもよいでしょう。

契約後にかかるお金など

法律事務所と契約をした場合には、一体どれぐらいのお金がかかるでしょうか。基本的に事案によっても異なりますが、まず、着手金と呼ばれるものを支払うことが必要になります。着手金は、法律事務所によっても異なりますが40,000円から50,000円ぐらいと考えておけばよいです。この着手金は、たとえ裁判に勝ったとしても法律事務所から戻ってくることはありません。もう一つは、成功報酬を支払う必要があります。この成功報酬は、裁判に勝った場合や和解を成立させて有利な条件を引き出した場合に支払うことが多くなります。あくまで成功した時の報酬になるため、成功していなければ支払わなくてもよいと考えるのが普通でしょう。たとえば裁判までしたのに、敗訴してしまった場合などがこれに該当します。

ミカタは、弁護士を雇う際にかかる費用を保証する保険です。月額2980円の保険料を払えば、民事裁判に関する弁護士報酬を300万円程度まで補填してくれるのです。