何を準備しておけばいい?法人としてデビットカードを作る流れ


デビットカードの特徴とメリット

デビットカードは口座直結型の決済専用カードのことでです。利用と同時に代金が指定の口座から支払われる形となるため、クレジットカードのように使いすぎて返済が困難になるといったリスクを減らすことができます。ただし、前述したように直後に引き落としの手続きが行われるため、事前に口座に入っている金額以上の利用はできないので注意が必要です。

法人用デビットカードを取得する前の口座開設

法人用のデビットカードを取得するに当たって最初に行わなければいけないのが口座の開設です。デビットカードは口座直結型なので、代金の引き落としをする口座を所有していなければ持つことはできません。個人とは違って法人用の口座の開設は基本となる身分証明書はもちろん、登記事項証明書や、法務局に届け出た時に使用した代表印など必要な書類がいくつかあります。銀行によって提出書類が細かく違うため、事前に問い合わせて確認をしておくことがスムーズに解説するコツです。口座の段階で審査を終えているので、無事に開設できればそのままの流れでデビットカードを作ることはできます。

口座の開設で行われる審査は銀行によって基準は異なりますが、経営でのトラブルなどの問題がなく会社として社会的信用があれば断られる心配はありません。しかし、起業したてで実績がない、所在地が確認できる固定電話を設置していないといった場合には審査に落とされてしまうこともあるので注意が必要です。審査に不安がある時は、代表の個人口座で資産を管理して実績を作った後、法人口座を作るのが最適と言えます。

法人のデビットカードは使った時に口座から直接引き落とされるというメリットがあります。残高以上に使う心配がないのでぜひ利用してみましょう。