詳しく知らないと損をする?事業資金の調達方法


事業資金とは?ある程度の余裕が必要

事業をするためには何らかの資金が必要です。設備資金や原料代、人件費、仕入れ代金や店舗の家賃などです。多くの事業は収入を得る前に事業資金が必要になります。すでに事業をやっていて儲かっている企業でも新しい事業を立ち上げるためには事業資金が必要になります。これらの基本的な事業資金は比較的計画が立てやすい事業資金です。一方で、売れ行き不振になったり、取引先が経営不振で支払いが遅れたりすることがあります。その場合にも次の製造や販売をしないことには事業継続は困難です。事業計画にはない新たな事業資金が必要ことになるかもしれません。

調達方法の種類と金利負担

自己資金が不足する場合には事業資金を調達しなければなりません。調達方法によって審査の難度や利息相場が違います。よく理解してから、最も有利な資金調達をしたいものです。公的な助成金や補助金は比較的有利なことが多いので常にチェックしておきましょう。一般的には低金利融資ほど審査が厳しい傾向があります。

日本政策金融公庫は低金利かつ返済期間が長い反面、審査期間が長く緊急の資金手当ては困難です。銀行融資は金利もあまり高くはありませんが審査は相当厳しいものです。ビジネスローンなどノンバンクは銀行と比べると審査のハードルは低く融資実行のスピードが速いので緊急の資金調達に便利です。ただし金利が高いので長期利用すると大きな負担になります。

クラウドファンディングはネットで融資を募る方法で寄付型と投資型があります。人目を引く事業内容の場合には有利です。ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売るので返済の必要はありません。売掛債額満額で買取ってくれるわけではないので注意が必要です。

販売機会を逃さないため、ある程度の在庫は必要ですが、多すぎるとキャッシュフローが悪化し、経営を圧迫します。逆を言えば、在庫を見直し回転率をあげる事で事業資金を圧縮できるのです。