人気急上昇中の国家資格!気になる社労士の仕事内容とは?


メインとなる仕事は労働・社会保険の手続き代行!

人気急上昇中の国家資格の社労士は「社会保険と労務」を専門に取り扱う仕事です。メインとなる仕事は労働・社会保険の手続き代行となっています。労働・社会保険の手続き代行は社労士の資格を所持している人しか行う事が出来ない独占業務でもあります。所属・担当する会社に新入社員が入った場合に申請書の作成と手続きを行います。それ以外にも、雇用保険の手続きや労働保険年度更新・社会保険算定基礎届等、様々な申請の準備や手続きを担当する事となります。

労務コンサルタントも仕事内容に含まれる!

社労士の資格がなくても行う事が可能ですが、労務コンサルタントとして活躍している社労士も数多く存在します。労務コンサルの需要が増加していて、高い報酬を得られる事も多い事から労務関係の指導や賃金・評価精度の構築といった労働に関係する仕事を専門にしている個人社労士や社労士事務所も増えています。

会社に必要な就業規則を作る事も珍しくない!

業種を問わず、労働者が10人以上いる事務所・会社は就業規則の作成と届け出が義務付けられています。労働関係の知識を豊富に持っている社労士は、就業規則作成を依頼される事も珍しくありません。就業規則の内容は、依頼主と相談しながら作成する事もありますが社労士が中心になって行います。

法定帳簿の作成も社労士が担当!

労働・社会保険の申請や手続きと同様に「法定帳簿の作成」も社労士の独占業務となっています。会社に必要となる労働者名簿・賃金台帳・出勤簿といった帳簿関係の作成も任されます。また、労働基準局監督署が行う臨検の際に作成した帳簿がすぐに確認出来るように大切に保管する必要もあります。

渋谷の社労士は、首都圏内の大手や中小の企業に対して就業規則の作成に関わる全般的な業務を請け負ったり、企業内で働く労働者から賃金や残業、退職などの様々な相談を受けたりすることがあります。